「ひなた」な?かっちゃんネタBLOG

興味あることをツラツラとか、地元ネタとかやってます。。

【一ノ宮神社】今宿古墳群に囲まれた小さなお社

福岡市西区女原に「一之宮神社」がある。

 

f:id:bit150430:20220102151831j:plain

 

社格は、無格。。だが「一之宮」

由緒は不明。情報、なんもなし。。

 

ご祭神は、

 

埴安命(はにやすみのみこと/肥料の神)


稚彦霊神(わくむすびのかみ/農業の神)


加具都知命(かくつちのかみ/剛火の神)

 

の三神。

 

f:id:bit150430:20220102151853j:plain

 

境内には、ご神木と思われるクロガネモチの大木が聳え、社殿の後方には、鐘撞山(かねつきやま/標高314m)

 

f:id:bit150430:20220102151933j:plain

 

そのすぐ南に、奈良時代に山城があった高祖山(たかすやま/標高416m)がある。

 

f:id:bit150430:20211017121248j:plain

 

おそらくこれらの山々が、本来のご神体だったと思われる。

 

以前は、この神社より山手には、何も造ってはいけなかったと伝わっている。

 

1800年前、福岡市の西部、今宿(いまじゅく)から周船寺(すせんじ)にかけての地域は、「伊都国(いとこく)」に属していた。

 

現在、高祖山の北側エリアには総数320基を超える古墳が分布しており、総称で今宿古墳群と呼ばれている。

 

f:id:bit150430:20220102152004j:plain

 

その中には首長(しゅちょう)の墓と考えられる前方後円墳が13基も含まれる。

 

f:id:bit150430:20220102152028j:plain

 

そう!

ここら一帯は、昔から神域だったのである。


んで、高祖山を取り囲む古墳の内側に残る「一ノ宮神社」という誠に小さなお社。

 

何の跡地なのか?

この場所で、いったい何が行われていたのか?

 

f:id:bit150430:20220102163144j:plain

 

最先端の農業技術を持っていた伊都国。

 

ご祭神の特徴からすると、、、

 

まさか・・・

 

炊飯発祥の地!

 

炭治郎の祖先は、伊都の国にいた!

 

なんてことは、、、あるかも知れない・・・。

 

本日、初詣!

今年もどうか健かに(笑)

f:id:bit150430:20220102152132j:plain

 

(外部リンク)

itohinata.com