博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

第11作「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」シリーズ屈指の相方、リリー初登場!

あたしたちみたいな生活ってさぁ。普通の人とは違うのよね? それもいい方に違うんじゃなくて、、 なんて言うのかなぁ、あってもなくてもどうでもいいみたいな、 つまりさぁ、泡(あぶく)みたいなもんだね? 今回のマドンナは、浅丘ルリ子演じる「松岡リリ…

第10作「男はつらいよ 寅次郎夢枕」寅さんにプロポーズしたマドンナ

元祖・お嫁さんにしたい女性第1位。 八千草薫の登場である。。 1947年、宝塚歌劇団に入団。 1952年、『源氏物語』で演じた少女時代の「紫の上」役が、バカ当たり。 大女優への階段を駆け上がることになる。 本作では、寅さんの同級生、幼なじみの千代を演じ…

第9作「男はつらいよ 柴又慕情」満を持して吉永小百合の登場!

本作品から、オープニングに「寅さん夢の中シーン」が、毎回差し込まれるようになった。 初回は、当時の人気ドラマ「木枯し紋次郎」のパロディ。 悪徳金貸しに脅される若夫婦(博とさくら)を長楊枝をくわえた寅さんがかっこよく助ける。 さくらが抱える赤ん…

第8作「男はつらいよ 寅次郎恋歌」初代おいちゃん森川信、伝説の名台詞

オープニングは、四国のとある漁港。 磯野漁協会館 寅さんは、ここで坂東鶴八郎一座の役者達と出会う。 雨の中、座長の娘に宿まで送ってもらって、お小遣いを渡す。 500円のつもりが、間違って5000円。。。 シリーズ十八番(おはこ)のコントである。 今回の…

第7作「男はつらいよ 奮闘編」寅さん一世一代の名場面の筈が、、、

シリーズでは前代未聞。 寅さんの、本気プロポーズシーンが見られる。 お相手は、花子。 青森県生まれの知的障害を持つ20代の女の子である。 演じるのは、榊原るみ。 「帰ってきたウルトラマン」の主役・郷秀樹の恋人役を演じた女優として有名?である。・・…

第6作「男はつらいよ 純情篇」国民的映画の地位を築き始めた作品

戦後、昭和の銀幕界を牽引した映画会社 大映 その看板女優で260以上の作品で主演を演じた若尾文子が、なんとライバル松竹の寅さんシリーズにマドンナとして登場した。 異種格闘技戦 今でいえば、石原さとみが、なんば花月の舞台に立つような話である。。。 …

第5作「男はつらいよ 望郷篇」堅気の人生をきっぱり諦めた瞬間

今回を最終回にする予定で、今までのキャストを総動員させたが、あまりの人気で延長が決まってしまった作品である。 オープニングは、夢の中。 とらやのご主人、おいちゃん臨終の場面。 枕元で寅さんが、 「みんな俺が悪いんだぁ、おれがおいちゃんに苦労ば…