博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

祝!第20作「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」寅さん、ほんと頑張れ。

記念すべき20本目。 今回、とらやが大爆発を起こす。 犯人は、下宿人の良介(中村雅俊)である。 行きつけの食堂で働く幸子(大竹しのぶ)に恋心を抱いていた。 寅さんの煽りに乗せられて、思い切ってアプローチ。 あえなく失敗。。。と思い込み、ガス自殺を…

第19作「男はつらいよ 寅次郎と殿様」アラカン登場!寅さん、ひと夏の経験

かつて、「時代劇六大スタア」という人達がいた。 昭和の戦前から戦後にかけて時代劇の大半で、主役を演じた6人の役者の事である。 阪東妻三郎 大河内伝次郎 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 で、本作に登場する 嵐寛寿郎 略して、アラカン 生涯で、300…

第18作「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」余命わずかなマドンナ。寅さんは・・・

シリーズ唯一、年上のマドンナである。 登場は、本編開始から44分12秒後。 名前は、綾(あや) 葛飾柴又では、名門で知れた「柳生家のお嬢様」である。 演じたのは、京マチ子 大阪出身。 1936年(昭和11年)に大阪松竹少女歌劇団(OSK)に入団 1949年(昭和2…

第17作「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」マドンナに失恋しなかった寅さん!?

シリーズ屈指の名作かも知れない。。。 オープニングで流れる主題歌。 2コーラス目の歌詞がいつもと違う。 ****** あ~てもなにの、あるような素振り それじゃ行くぜと、風の中。 止めにくるかと、あとふりかえりゃ、 誰も来ないで、汽車がぁ来る。 男の人…

第16作「男はつらいよ 葛飾立志篇」あっ!という間に諦める寅さん

「立志編」 ということで、今回の寅さんは、学問を志す。 だがしかし、地元の柴又には、そんな環境どこにもない。 そこに現れたのが、大学で考古学に従事する女性。 筧 礼子(かけい れいこ) 今回のマドンナである。 演じたのは、樫山文枝。 寅さんが、「愛…

第15作「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」寅さん、一生独身かもなぁ。とちょっと思ってしまった。

マドンナは、 というか、相棒と言っていいだろう。 ご存知、「リリー」 浅丘ルリ子である。 彼女の言葉は、、、まぁ容赦ない。 北海道の小樽で出会った、家出中の中年エリートサラリーマン。 昔の元カノに会いたがっている姿を見て、ひと言。 ***** いい年し…

第14作「男はつらいよ 寅次郎子守唄」残念ながら寅さんノーチャンスのマドンナ

おいちゃん役は、下條正巳 初代(森川信)、2代目(松村達雄)と比べるとシリアス気味なキャラクターだったが、 「普段は寅次郎に厳しく接しながらも、実は親代わりとして真剣に心配している」 という「おいちゃんの基本スタンス」を本作で確立させたと言え…