博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

【豊前国一之宮】宇佐神宮(うさじんぐう)八幡様が一番人気になった理由

全国一之宮シリーズ、最終コーナーの九州に入る。

 

大分県宇佐市

 

創建は、欽明天皇の御代、西暦571年と伝わる。

 

f:id:bit150430:20200401215709p:plain

 

全国には、11万以上の神社があるらしいが、

 

その中で最多の4万を超える八幡神社の総本宮が、宇佐神宮である。

 

f:id:bit150430:20200401220117p:plain

 

今回は、祭神・15代応神天皇について。

 

f:id:bit150430:20200401215734p:plain

古代の女傑・神功皇后が、神憑りして産んだ皇子と伝わる。

 

通称・八幡様とも呼ばれる。

 

イメージとしては、日本に大陸文化が真っ先に入ってきた九州北部に生まれ、土着の信仰や仏教を巻き込みながら国家神へと発展。

 

更には武家の守護神になって、日本全国へ浸透していった強力な神様という感じ。

 

日の神

 

火の神

 

鍛冶の神

 

歴史上、八幡の名が知れ渡るようになったのは、

 

源氏の氏神となり、

 

霊威も強力な武神として祀られてからである。

 

平安末期、源義家は、7歳の時に京都の岩清水八幡宮で元服し、

 

「八幡太郎」

 

と名乗った。

 

f:id:bit150430:20200401215905p:plain

 

後に末裔の頼朝は、平家を滅ぼし鎌倉に幕府を開く。

 

政権の拠点としたのが、鶴岡八幡宮

 

以降、600年以上続く武士の世で、八幡信仰は武家社会だけでなく、全国の一般庶民の間にも広がっていった。


「神風」という言葉がある。

 

15万の蒙古軍が、九州北部へ侵攻した際に吹き荒れた暴風雨のことである。

 

f:id:bit150430:20200401220037p:plain

 

国難を救ったのは、まさしく八幡神のご威光とされ、国家鎮護の神、武神としての名声を決定的にした。

 

ただ、ちょっと言いたいのは、歴史上、神風と言ってもよい奇跡的な力が働いたのは、この元寇と日露戦争の黄海海戦だけではないだろうか。

 

f:id:bit150430:20200401220055p:plain

 

これまで、日本はいくつかの国際紛争を経験してきたが、ほとんどのケースで八幡神は力を振るっていない。

 

ギリギリまで死力を尽くして天命を・・・

 

で、やっと話だけ聞いてくれるのかも。

 

f:id:bit150430:20200402004507p:plain

 

神様側からすると、

 

最初っから

 

神様お願い!

 

だけではね~。。。

 

賽銭の額にもよるけど。。

  

【外部リンク】

 

http://www.usajinguu.com/