博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【隠岐国一之宮】由良比女神社(ゆらひめじんじゃ)「激しいお姫様」説。。

島根県隠岐郡西ノ島町

 

隠岐の島は、女優・田中美佐子の地元である。。。

 

f:id:bit150430:20200303224545p:plain


えっと、、

 

さっそく本題に、、

 

創建時期は不明。

 

f:id:bit150430:20200303224607p:plain

 

祭神は、「由良比女命(ゆらひめのみこと)」

 

f:id:bit150430:20200303224632p:plain

 

元は「和多須神(わだすのかみ)」だった旨の伝承もある。

 

わだす → わだつみ → 海の神

 

島だからね。

 

そうなるのが自然と言える。

 

f:id:bit150430:20200303230004p:plain


他では、須勢理毘売命(すせりびめのみこと)と同一神とも言われている。

 

スサノオノの娘で、

 

オオクニヌシの妻


古事記には、

 

前妻を追い出して正室になった後、

 

越後で妻を娶ろうとした夫に激高。

 

オオクニヌシも逃げ回った。

 

と、書かれている。

 

「須勢理」→「進む」→「荒ぶ(すさぶ)」→「勢いのまま」

 

いつの時代も、島の子はたくましい。


では、出雲に嫁いだヒメが、なぜ隠岐の島で祀られたのか。

 

隠岐の島といば「イカ」

 

f:id:bit150430:20200303224719p:plain

 

秋から冬にかけてシロイカ、ソデイカの水揚げが盛んになる。

 

島の伝承では、ある日一匹(一杯?)のイカがユラヒメ様の手に噛みついたという。

 

反省?したイカは、

 

謝罪?として、、

 

秋になると西ノ島に大群で打ち上がるようになった。。。

 

今でも数年に一度は、浜で拾えるほど押し寄せるという。

 

f:id:bit150430:20200303224739p:plain


ここからは妄想。

 

ユラヒメ様は、実在した人物(神様?)ではないか。

 

まだ少女だったヒメが、浜でケガして大泣き。

 

次の日とかに、とんでもないイカの大群が浜に押し寄せた。

 

縄文の気候変動が激しい時期に、たまたまイカが大量発生したのか。

 

f:id:bit150430:20200303225522p:plain


以降、大群で押し寄せるイカのおかげで、島民の生活が豊かになった。

 

奇跡を起こしたユラヒメ様。

 

絶叫モードで泣いてくれてありがとう。

 

というお話か。。

 

f:id:bit150430:20200303225547p:plain

 

イカ刺は、甘めの醤油でいただきたい。

  

【外部リンク】

 

https://nkk-oki.com/japan/culture/