博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

【陸奥国一之宮】塩竈神社(塩釜さま)と多賀城の謎

宮城県塩竈市

 

主祭神:

鹽土老翁神(しおつのをぢ)

武甕槌神(たけみかづちのかみ)

経津主神(ふつぬしのかみ)

 

f:id:bit150430:20191222164630p:plain

 

不思議なことがある。


境内には、正面に武甕槌命(鹿島神)と経津主神(香取神)、右側に塩土老翁神が祀られている。

 

f:id:bit150430:20200125120917p:plain

 

主祭神が、別宮である。

 

f:id:bit150430:20200125182801p:plain


明確な理由は不明だが、


本宮は、伊達家の守護神である鹿島・香取の両神を藩主が仙台城から遥拝できるように南向き。

 

別宮は、主祭神・塩土老翁神が海を背して海難を防ぐ。


という意味ではないか。。と伝わる。


建物の様式が日光東照宮に似ているのは、4代藩主伊達綱村が東照宮改修に携わった職人達を呼び寄せて、造営工事を行ったから。

 

元々の創建については、神話の時代、三神がこの地を訪れ、東北平定後に塩土老翁神だけが残り、人々に製塩技術を伝えたのが始まりとされる。

 

以降、東北鎮護、海、製塩、交通、安産の神として多くの信仰を集めてきた。

 

もうひとつ、古代から鹽竈神社が発展してきた理由として、多賀城との関係がある。

 

f:id:bit150430:20200125183012p:plain

 

多賀城には、奈良から平安時代にかけて陸奥国の国府が置かれ、ヤマト朝廷の東北最重要拠点とされた。

 

鹽竈神社は、多賀城の東北の方角、いわゆる「鬼門」の守護神だったのである。

 

f:id:bit150430:20200125183048p:plain

 

ところで、この多賀城だが。。


歴史はもっと古いと言われる。


たまに紹介する「ホツマツタヱ」には、3000年前の多賀城の話が出ている。


この場所は、当時東北地方を治めた「トヨケ王」の拠点だった。


伊勢神宮の外宮に祀られる豊受大神のことである。

 

しかも、富士山麓で生まれたアマテル(天照大御神)が、この地で帝王学を学んだとも書かれている。

 

その他、

 

「一時期、ヤマト王朝の都だった」という説あり。

 

「古代、日高見という王国があった」という説あり。。。

 

宮と城、、、、宮城。


縄文末期、この地は豊かで列島最大の都市国家だったのかもしれない。。

 

すんずるか、すんずないがわぁ、あんたすだいだぁ。

 

【外部リンク】

 

http://www.shiogamajinja.jp/