博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【阿波国一之宮】大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)争いを避けた職人気質の神

徳島県鳴門市大麻町


祭神・大麻比古神(おおあさひこのかみ)は、

 

古代氏族・忌部(いんべ)一族の祖と伝わる。

 

f:id:bit150430:20200316224650p:plain


社伝では、

 

2600年前、神武天皇の時代。

 

祭神の孫、天富命(あめのとみのみこと)

 

が、阿波に移り住み、

 

麻など主要植物を育て、この地を開拓した。

 

f:id:bit150430:20200317215856p:plain


地域を豊かにした事で、天富命を守護神として祀られたのが創建の由緒とされる。

 

ここからが本題。

 

現在も徳島県には、

 

「阿波忌部(あわいんべ)」

 

と呼ばれる人々がいる。

 

普段、目立つ存在ではないが、

 

数十年に一度、日本国にとって、大変重要な役割を果す。


新天皇即位。

 

天皇が、まさしく天皇になる儀式、

 

「大嘗祭(だいじょうさい)」

 

の時である。

 

f:id:bit150430:20200317220401p:plain

 

儀式にあたり、

 

悠紀殿(ゆきでん)

 

主基殿(すきでん)

 

という2つの建物が造られ、

 

新天皇は、両殿に籠って、一晩を過ごす。

 

f:id:bit150430:20200317215308p:plain

 

その時、神座には、

 

麁衣(あらたえ)

 

という衣が供えられる。

 

f:id:bit150430:20200317220723p:plain

 

天皇の霊が着る神衣と言われる「あらたえ」を制作してきたのが、忌部氏の人々だった。

 

種撒きから刈入れ、製麻、織布 まで全工程を仕切り、儀式の場に納めてきた。

 

麻織物としては、世界最高峰の技術とも言われる。

  

天皇しか知らない世界に立ち会う忌部の衣。

 

古代、奈良から平安時代にかけて藤原一族が朝廷を牛耳った時代、多くの氏族は滅んだが、忌部は残った。

 

絶対勢力「藤原氏」に逆らうことなく、職業集団の立場を貫いた一族は、一切の政治的野心をもたなかった。。。のかも。

 

f:id:bit150430:20200317220046p:plain

 

優れた能力で、神の衣を作り続けた忌部氏は、時代の強者に猜疑心を抱かれることなく、阿波の地で生き延びた。。

 

と考えられる。。。。かもしれない。

 

 

全く話は変わるが、阿波と言えば。

 

やっぱね、「阿波踊り」のことを少し。

 

f:id:bit150430:20200318011504p:plain

 

ご存じ、徳島発祥の国民的盆踊りだが、

 

その中で、女踊りの集団が

 

「ヤットサー、ヤットヤットー」

 

と掛け声で場を盛り上げているが、その意味をご存じだろうか。。

 

実は、

 

「久しぶり~!ほんと久しぶり~!」

 

である。。。若い女性が集団で踊りながら。。大声で。

 

f:id:bit150430:20200318010939p:plain

 

・・・なんかあのー、ヤバイんですけど。。

  

【外部リンク】

 

http://www.ooasahikojinja.jp/