博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

第6作「男はつらいよ 純情篇」国民的映画の地位を築き始めた作品

f:id:bit150430:20200516232236p:plain

 

戦後、昭和の銀幕界を牽引した映画会社

 

大映

 

その看板女優で260以上の作品で主演を演じた若尾文子が、なんとライバル松竹の寅さんシリーズにマドンナとして登場した。

 

f:id:bit150430:20200516232256p:plain

 

異種格闘技戦

 

今でいえば、石原さとみが、なんば花月の舞台に立つような話である。。。

 

f:id:bit150430:20200516232311p:plain

 

これまで寅次郎の恋愛といえは、こっちが勝手に好きになり、想いが届かないまま失恋というパターンだったが。

 

今回のマドンナは気づく。

 

諦めてもらおうと、それとなく伝えても、寅さん全く気づかずという残念な展開。

 

f:id:bit150430:20200516234546p:plain

 

若尾文子の美しさばかりが、強調される作品である。。。

 

が、

 

今回の主役は、ちょい役で親子と演じた

 

森繫久彌と宮本信子

 

だと思う。

 

舞台は、長崎県の五島

 

f:id:bit150430:20200516234834p:plain

 

オープニング、長崎港で赤ん坊を抱えた絹代(宮本信子)に金を貸す寅さん。

 

f:id:bit150430:20200516234618p:plain

 

五島列島の福江で、旅館を営む絹代の父親が森繫久彌である。

 

f:id:bit150430:20200516234650p:plain


ダメ男から逃れて、赤ん坊と帰ってきた娘を追い返そうとする父親。

 

夫の元には二度と帰りたくないと号泣する絹代。

 

寅さん、父親の言い分を立てつつ、絹代を思いやる。

 

たった半日だけの出会いである。

 


それから、かくかくしかじか。

 

エンディングは正月。

 

絹代が夫と子供を連れて、柴又の「とらや」を訪れる。


失恋した寅さんは、もちろんいない。


五島の旅館で、電話がなる。

 

森繫
「あっ、絹代か…」

 

宮本
「今ね、東京から電話しとっとよ、いつか世話になった寅さんいうお宅でな、年賀状も出しとらんいうたら、かけろーって勧められて、父ちゃん、聞こえる?」

 

森繫
「はい、きこえる・・・」

 

宮本
「そいでねー、うちら二人同じ店に住み込んで、一生懸命働いとるけん、安心して。」

 

森繫
「・・・・」無言で涙。

 

宮本
「じゃ、電話代高こうなるけん、もう切るよ。体大事にな。」

 

宮本
「あー、肝心なこと忘れとった。とうちゃん、おめでとう。じゃ、さいなら。」

 

電話を切れても、森繁久彌は声を出さずに涙を流し続ける。

 

さりげないが、感動の名場面である。

 


その頃、寅さんは静岡県浜松の浜名湖ほとり

 

猪鼻湖神社

 

f:id:bit150430:20200516235053p:plain


*****

 

御通行の皆様、新年あけましておめでとうございますように。

 

さてここに陳列されましたる幸せを呼ぶ鶴亀でございます。

 

鶴は千年、亀は万年、あなた百までわしゃ九十九(くじゅく)まで共にシラミのたかるまで・・・

 

*****


名調子で映画は終わる。


軽い。

 

が、深い。