博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

第3作「男はつらいよ フーテンの寅」マドンナは宝塚トップスター

第3作のマドンナ

 

新珠三千代(あらたまみちよ)

 

という女優をご存じだろうか。。

 

f:id:bit150430:20200507210145p:plain

 

1930年3月17日生まれ。

 

宝塚歌劇団33期生。

 

雪組女役のトップスターである。

 

f:id:bit150430:20200507210245p:plain

 

退団後、東宝芸能に所属し、多くの映画に出演した。

 

人気を決定づけたのは、

 

テレビドラマ「細うで繁盛記」

 

主人公の加代を演じた。

 

大阪の老舗料亭「南地楼」で生まれ育った加代だが、戦後実家は没落。

 

半ば、騙されるように伊豆の小旅館「山水館」に嫁いだ。

 

待っていたのは古いしきたりを守り、沈みゆくタイタニックを更に沈めようとする人々。

 

なおかつ戦争の傷で、夫は男性機能がまったくダメ。。。

 

なのに、加代は操を立て続け、押し寄せる不倫の誘いをことごとく寸止めという設定。。。。。

 

で、幾多の葛藤を乗り越え、戦後の復興とともに旅館を大繁盛させるという痛快&悲哀&悲哀&悲哀&悲哀に満ちたストーリーである。

 

 

f:id:bit150430:20200507211136p:plain

 

最高視聴率38%、社会現象ともいえる大ヒット作品となった。

 

このドラマがスタートしたのは、1970年1月8日。

 

で、寅さん3作が公開されたのが、7日後の1970年1月15日。

 

偶然なのか?

 

そーなっちゃうと、もう

 

温泉宿の女将と言えば、新珠三千代

 

というイメージが定着してしまう。。

 

本職の女将にとっては、まぁ、迷惑な話である。

 

そこそこの美人でも、泊り客からがっかりされる時期が続いたという。

 

 

映画の話にもどるが、新珠三千代が演じた女将が仕切る旅館は、

 

三重県の湯の山温泉にある。

 

f:id:bit150430:20200507211222p:plain

 

古くから東海や近畿の奥座敷と呼ばれた。

 

養老2年(718年)に発見された古い湯治場である。

 

歓楽街を持たない、ひなびた温泉地。

 

そんなところに新珠三千代が出てきて、

 

f:id:bit150430:20200507211242p:plain

 

三つ指つかれて

 

「行き届きませんが、どうぞごゆっくりお過ごし・・」

 

とか言われたらね~。

 

一生、お過ごしたくなった寅さんは、正しい。

 

【外部リンク】

 

https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/

 

https://www.yunoyama-onsen.com/