博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

第2作「続・男はつらいよ」寅さんの母親って誰だかご存じか?

1作目から、わずか2か月半後の公開である。

 

冒頭は、寅さんの夢の中。

 

********

 

もしやあなたはお菊さんと申しませんか?

 

この顔に見覚えがございませんか?

 

おっかさぁ~~ん!

 

********

 

蒸気機関車の轟音で目が覚めた場所は、三重県伊賀の拓植駅前。

 

旅館「小崎亭」の2階で、びっくりして飛び起きるシーンである。

 

「夢か~」

 

寝起きのながら物思いにふけった感じ。

 

オナラとかしながら。。

 

直後に、ファンファーレのような主題歌のイントロ。

 

で、例のアレ!

 

********

 

わたくし~、生まれも育ちも葛飾柴又です。

 

帝釈天で産湯をつかい、

 

姓は車、名は寅次郎、

 

人呼んで・・・・

 

*********

 

この一連のパターンが、後のシリーズの十八番(おはこ)になった。

 

f:id:bit150430:20200503233245p:plain

 

今回のマドンナは、夏子(佐藤オリエ)

 

1作目が冬子で、2作目は夏子。。。

 

だが、今回の主役は、他に2人いる。

 

夏子の父、坪内先生

 

 

生みの母親、お菊

 

である。

 

寅次郎が中退した、葛飾商業高校の元教師・坪内先生を演じたのは、東野英治郎

 

1969年(昭和44年)から時代劇「水戸黄門」で徳川光圀を14年間、全381回に渡って演じた名優である。

 

博学で知性あふれる坪内先生は、半端な寅次郎のことを、なぜか気にかける。

 

f:id:bit150430:20200503232407p:plain

 

真剣に叱ったり、ともに号泣したり。

 

随所に、東野栄次郎は、迫真の演技を見せた。

 

かたや、寅次郎の母、お菊は、京都の連れ込み宿(ラブホ)の女将である。

 

演じるのは、ミヤコ蝶々

 

7歳から、芝居一座の座長を務め、舞踊、剣舞、バレエ、三味線等々、ありとあらゆる芸をもつ伝説の女役者である。

 

f:id:bit150430:20200503232427p:plain

 

38年ぶりの寅次郎との再会シーン。

 

一瞬見せた喜びの表情を、すぐに押し殺す。

 

次に出たセリフは、

 

****

 

今ごろ何の用事やねん。

 

あっ、銭か?

 

銭はあかんで、もう。

 

親子でも銭は関係あらへん!

 

*****

 

結局、大喧嘩で終わる。

 

山田洋次は、なぜこんな場面をつくったのか。

 

寅さんの直情型で、不器用で、面倒くさい性格は、母親譲りであることを描きたかったのだろう。。たぶん。


その後、夏子への恋も破れ、ラストシーンへ。

 

舞台は京都、三条大橋のたもと。

 

f:id:bit150430:20200503232458p:plain

 

なぜか、寅次郎とお菊が二人で寄り添って、なにやら会話をしている。

 

二人とも仏頂面だが、なんだか幸せそうな光景である。

 

「ホラ、寅、もう寅、行くで!」

 

「細かいの、ちょっとくれよ」

 

「厚かましいな!何べんも何べんもこの子は…」

 

「いいじゃねえか、親子の間柄で」

 

「勝手なこと言うな、金の話はまた別じゃ」

 

「しみったれてるなあ、まったく~ よお、お母ちゃん!」

 

f:id:bit150430:20200503232534p:plain

 

それを陰で見ていたのが、たまたま新婚旅行に来ていた夏子。

 

夏子のナレーションと、いつもの曲で第2作は終了する。

 

笑いどころ満載だが、中身の濃さといい、ひとつひとつの台詞の重みといい、他作品と比べて異作中の異作と言える。