博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

第1作「男はつらいよ」さくらの結婚式は老舗「川甚」

第1作は、14歳で家出した寅次郎が、20年ぶりに故郷の柴又に帰ってくる場面から始まる。

 

久々の寅次郎の帰郷を、団子屋「とらや」を営む親戚のおいちゃんとおばちゃん、妹さくら(倍賞千恵子)は涙ながらに大歓迎。

 

なのに、さくらの見合いの席を、酔った挙句にぶち壊した挙句、おいちゃんと大喧嘩。

 

あっというまに柴又を出ていってしまう。

 

1か月後、寅次郎は旅先の奈良、東大寺二月堂で、幼なじみの冬子に再会する。

 

f:id:bit150430:20200501195850p:plain

 

子供の頃「デメキン」呼ばわりした冬子は、和服の似合う美しい女性に成長していた。

 

f:id:bit150430:20200501195916p:plain

 

寅さん一目惚れ~失恋までの必勝パターン。

 

記念すべき「エピソード1」である。

 

冬子を演じたのは、光本幸子

 

当時、日本舞踊・藤間流の名取として知られていた。

 

テレビや映画には出ない、バリバリの舞台女優が抜擢されたのである。

 

男前の寅さんのはずが、

 

「2度と故郷へは帰らねぇ」

 

なんてことはなく、冬子とともにサクッと地元の柴又へ。

 

寅次郎自身は、簡単にフラれるが、妹さくらは「とらや」裏の工場勤めの青年・博と結ばれる。

 

2人が結婚式を挙げたのは、料亭「川甚」

 

f:id:bit150430:20200501195957p:plain

 

江戸時代創業の実在する川魚料理の老舗である。

 

f:id:bit150430:20200501200013p:plain

 

実家を飛びした博と縁を絶っていた父役の志村喬の宴席でのスピーチが、この映画のクライマックスである。

 

「この八年間は、私達にとって長い長い、冬でした・・・そして今ようやく皆様のおかげで、春を迎えられます・・・」


ということで、妹の幸せだけ見届けて、寅次郎は再び旅に出る。

 

エンディングは、それから1年後。

 

日本三景・京都の天橋立にある「智恩寺」境内のシーン。

 

f:id:bit150430:20200501200030p:plain

f:id:bit150430:20200501202726p:plain


山本直純作曲の主題歌にのせて、寅さんの口上が流れる。

 

**********


七つ長野の善光寺

 

八つ谷中の奥寺で

 

竹の柱に萱の屋根

 

手鍋下げてもわしゃいとやせぬ

 

信州信濃の新そばよりも

 

あたしゃあなたのそばがよい

 

あなた百までわしゃ九十九まで

 

共にシラミのたかるまで、ときやがった

 

どうだチキショウ!

 

**********


意味などない。

 

懐かしい景色を眺めながら、

 

笑って、泣いて、怒って、泣いて、笑って、怒って、泣いて、笑う。。。

 

寅さん映画の真骨頂は、1作目から出来上がっていた。

 

 

ちなみに主題歌の歌い出し、

 

俺がいたんじゃお嫁にゃ行けぬ、分かっちゃいるんだ妹よ~

 

は、さくらが結婚したのでこれが最初で最後である。

 

【外部リンク】

 

https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/

 

http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/guidance6.html

 

http://kawajin.co.jp/history.html

 

http://www.monjudo-chionji.jp/