博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

【肥前国一之宮】千栗八幡宮(ちりくはちまんぐう)戦いの神が宿ると奇跡が起きる件

佐賀県三養基郡みやき町

 

創建は、神亀元年(724年)と伝わる。

 

f:id:bit150430:20200414225601p:plain

 

当時の役人、壬生春成が猟をしていると、一羽の白鳩が飛んできて春成の弓先に止まった。

 

不思議に思った春成は、その晩、夢を見る。

 

一人の白髪の老人が夢に現れて、

 

「八幡大神のご臨降である。」

 

と言って千個の栗の実を授けた。

 

翌朝、春成は、猟をした場所へ行ってみると、千株の栗の木が一夜のうちに生い茂っていた。

 

f:id:bit150430:20200414225636p:plain

 

このことを聖武天皇に奏上したところ、大変に喜ばれ、祭祀の場として社が建てられた。

 

という伝承が残っている。

 

f:id:bit150430:20200414225705p:plain


で、ここでは、まったく違う話をしたい。

 

覚えているだろうか。

 

オリンピック柔道金メダリスト

 

古賀稔彦(こがとしひこ)

 

佐賀県出身の天才柔道家である。

 

兄の影響で小学1年生から柔道を始め、中高大とタイトルを総なめ。

 

得意は、大技一本背負い

 

f:id:bit150430:20200414225730p:plain


1988年、21歳でソウルオリンピックに初出場。

 

1990年、軽量級ながら全日本柔道選手権で無差別級に参戦し準優勝。

 

決勝では、世界チャンピオン小川直也と対戦し、あわやというシーンを見せる。

 

2年後のバルセロナオリンピックでは、選手団主将を務めたが、、、

 

直前の練習で左膝の大ケガをしていた。

 

歩けないほどの痛みを乗り越え、金メダルを獲得した。

 

f:id:bit150430:20200414225831p:plain

 

彼の名言がある。

 

絶望的なケガをした瞬間、、

 

「これで俺は金メダルを取れると思いました」

 

大ピンチになったからこそ、絶対乗り越えようという意欲が沸いた、という意味。

 

その古賀稔彦が、子供の頃から何千回、何万回と上り下りを繰り返し、足腰を鍛えたのが、千栗の八幡様に至る146段の石段である。

 

f:id:bit150430:20200414230920p:plain

 

あまりにも頑張るから、八幡様と神功皇后が、乗り移った。。。

 

のかもね。

 

【外部リンク】

 

http://www.miyakikankou.jp/main/53.html