博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

【肥後国一之宮】阿蘇神社(あそじんじゃ)火の鳥を産んだ九州最強の神か。

阿蘇神社は、神武天皇の孫

 

健磐龍命(たけいわたつのみこと)

 

を祀る2000年以上の歴史を有する古社である。

 

f:id:bit150430:20200412225607p:plain

 

古来からの阿蘇信仰と融合し、肥後NO.1の神様として崇敬をあつめてきた。

 

山頂の火口湯溜まりは「神霊池」とよばれ、阿蘇神のご神体とされる。

 

f:id:bit150430:20200412225655p:plain

 

麓の阿蘇神社「下宮」対して「上宮」とよばれてきた。

 

下宮の社殿は、熊本藩の寄進によって建造されたもので、神殿や楼門などは国重要文化財に指定されている。

 

中でも楼門は九州最大の規模を誇り、「日本三大楼門」の一つである。

 

f:id:bit150430:20200412225711p:plain

 

が、平成28年の巨大地震により倒壊。

 

f:id:bit150430:20200412225750p:plain

 

今も復旧工事が進められている。

 

寄付金はこちらへ!

http://asojinja.or.jp/restoration/bank/

 

 

ここで、阿蘇と聞いて、思い出すことがふたつある。

 

ひとつは、不朽の名アニメ作「火の鳥」の第3部「ヤマト編」

 

f:id:bit150430:20200412225826p:plain

 

時代は、紀元4世紀の日本。

 

古代ヤマトの皇子オグナは、九州の豪族クマソ討伐の為、九州へ向かうが、そこで大噴火を起こす火山(どう見ても阿蘇)から火の鳥が誕生するのを目撃する。

 

f:id:bit150430:20200412225845p:plain

 

手塚治虫は、圧倒的なパワーと影響力をもつ火山の象徴を鳥の形にした。

 

平時は、自然の豊かな恵みを分け与えるが、

 

いざ、大噴火を興し、人間社会を大混乱に陥れた時は、

 

何もせず悠然と高所から見降ろしているだけ。

 

良いも悪いもない。

 

善悪を超越した存在が、火の鳥である。


行きすぎたら、元にもどす。。。

 

増えすぎたら減らすとか。。

 

時節柄、ちょっと考えされられる。

 


で、もうひとつは、南阿蘇、垂玉温泉

 

f:id:bit150430:20200412225907p:plain

 

山奥で、滝が見上げながらの露天風呂。

 

f:id:bit150430:20200412230031p:plain

 

混浴。。。。

 

はよ、再開してくれ~。。。

 

【外部リンク】

 

http://asojinja.or.jp/