博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

【豊後国一之宮】西寒多神社(ささむたじんじゃ)太陽神と月の神!どっちも祀る深い訳とは。

祭神は、西寒多大神 (ささむたのおおかみ)

 

ツキヨミノミコト

 

アマテラスオオミカミ

 

アメノオシホミミノミコト

 

以上、3神の総称と言われている。

 

f:id:bit150430:20200406222718p:plain


今回は、アマテラスの弟神、


ツキヨミノミコト(月読命)について。


古事記では、イザナギが黄泉国から逃げ帰って禊ぎを行った際、右目から生まれたとされる。

 

f:id:bit150430:20200406222744p:plain

 

同時に、左目から生まれたのがアマテラスなので、兄弟というより双子か。

 

てか、同時に鼻から生まれたのがスサノオである。。。

 

三つ子か。

 

f:id:bit150430:20200406222901p:plain

 

月を神格化した、夜を統べる神と言われるが、アマテラスやスサノオと違って、なぜか後の神話には全然出てこない。

 

謎が多く、

 

存在感の薄い、

 

なのに有名な神様である。

 

f:id:bit150430:20200406222935p:plain


勝手な解釈だが、、

 

ツキがない。

 

ツキを逃す。

 

ツキが回ってきた。

 

ツいてる。

 

という言い方がある。

 

この場合のツキとは、

 

「付き/附き」

 

を指す。

 

「人にはどうしようもない幸や不幸を支配する力」

 

のこと。

 

そのツキとは、「月」とも言える。

 

太陽系で5番目に大きい衛星。

 

f:id:bit150430:20200406223012p:plain

 

とんでもなく離れた場所にあるが、地球に大きな影響を与えてきた。

 

特に人間には。

 

真っ暗闇だった太古の夜を明るく照らす月。

 

古代の人々は、太陽と同様、いつしか月の周期にも気づき、生き延びる術を覚えた。

 

ツキをヨ(読/呼)んだのである。。

 

よくもまあ。。。ね?

 

以後、偉大なる月に対して、敬虔な気持ちを抱き、神として崇めるようになったという流れ。

 

太陽に照らされる月の満ち欠け。

 

陰と陽の両方から何かを読みとることが、、ラッキー&アンラッキーの境目なのかも知れない。。。かも知れない。


太陽 と 月

 

アマテラス と ツキヨミ

 

蘇我氏 と 物部氏

 

紫式部 と 清少納言

 

源氏 と 平氏

 

豊臣秀吉 と 徳川家康

 

宮本武蔵 と 佐々木小次郎

 

f:id:bit150430:20200406223831p:plain

 

坂本龍馬 と 武市半平太

 

モーツァルト と ベートーベン

 

ビートルズ と ローリングストーンズ

 

美空ひばり と 島倉千代子。。。都はるみ?

 

長嶋茂雄 と 野村克也

 

コシヒカリ と ササニシキ

 

アムロ と シャア

 

アンパンマン と バイキンマン

 

ルパン三世 と 銭形警部。。。

 

まあ、数えればキリがない。

 

どっちも大きい。

 

 【外部リンク】

https://sasamuta.com/