博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近、神社とか寅さんネタやってます。。

【備前国一之宮】吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)桃太郎は実在したか。

岡山県岡山市北区

 

神体山“吉備の中山”の北東麓に鎮座する。

 

f:id:bit150430:20200309123854p:plain


もともとは、祭神・大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)の住居跡だったと考えられている。

 

f:id:bit150430:20200309123931p:plain

 

夏至の日の出には、正面鳥居から真っ直ぐ太陽の光が差し込み、神殿の鏡に当たることから、通称「朝日の宮」とも呼ばれている。

 

f:id:bit150430:20200309123916p:plain


ということで、邪馬台国女王卑弥呼の弟説もある吉備津彦について少し。

 

その伝承は、「桃太郎の鬼退治」に似ている。

 

f:id:bit150430:20200309124549p:plain


要約すると。

 

吉備津彦の元の名は、五十狭芹彦(いさせりひこ)と言う。

 

第7代孝霊天皇の皇子である。

 

第10代崇神天皇の時代に、朝廷の命で、山陽道の平定に向かうことになった。

 

その時、直近の家臣の中にイヌ、サル、キジ。。

 

じゃなくて、

 

犬飼健(いぬかいたける)

楽々森彦(ささもりひこ)

留玉臣(とめたまおみ)

 

という3人の猛者がいたという。


遠征に向かった一行は、吉備国で、温羅(うら)という鬼と遭遇する。

 

f:id:bit150430:20200309124432p:plain


異国から渡来し、この地で製鉄を興した鬼。。

 

身長4.2m!

 

赤髪の異様な姿で性格はきわめて凶暴。

 

「鬼の城」を拠点に、暴虐の限りを尽くしていた。

 

f:id:bit150430:20200309124459p:plain

 

五十狭芹彦は、3人の家臣とともに「vs温羅戦」を慣行。

 

激戦が続く中、五十狭芹彦が放った矢が温羅の左眼に命中。

 

ひるんだ温羅は、

 

キジに化けて?逃げた。

 

五十狭芹彦は、

 

タカに化けて??追いかける。

 

さらに温羅は

 

コイに化けて???逃げたので、

 

五十狭芹彦は、

 

鵜(う)に化けて????捕まえた。。。

 

降参した温羅は、五十狭芹彦に「吉備一の君」の名を献上。

 

以後、「吉備津彦さま」と呼ばれるようになった。

 

という話。

 

f:id:bit150430:20200309124401p:plain


桃からは生まれなかった様だ。。

 

家来3人が、ダンゴに釣られたかは不明。。

  

【外部リンク】

 

http://www.kibitsuhiko.or.jp/