博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【周防国一之宮】玉祖神社(たまのおやじんじゃ)勾玉とは何か。

山口県防府市


古代史の文献で、「一之宮」という名前が使われたのは、玉祖神社が最初。

 

f:id:bit150430:20200305214213p:plain

 

創建については、勾玉(まがたま)を作る技術集団の玉造部(たまつくりべ)が、祖神をこの地に祀ったのが始まりとされる。

 

f:id:bit150430:20200305214143p:plain

 

祭神は、玉祖命(たまのおやのみこと)

 

天照大神の岩戸隠れ事件の時、

 

皇室に三種の神器として伝わる

 

「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」

 

f:id:bit150430:20200305214243p:plain

 

を造った。

 

天孫降臨で、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に従い、勾玉とともに下界(葦原の中つ国)へ。

 

その後、周防国に移り住み、中国一帯を統治して、この地で没したという。

 

神様なのに。。

 

神社近くの「玉の石屋」は、玉祖命の墓と言われている。

 

f:id:bit150430:20200305214325p:plain


そもそも勾玉とは、古代日本における装身具のことで、祭祀にも使われたと考えられている。


翡翠(ひすい)、瑪瑙(めのう)、水晶、琥珀(こはく)、鼈甲(べっこう)などで作られており、縄文時代のものが最も古い。

 

f:id:bit150430:20200305214401p:plain

 

以降、弥生時代、古墳時代にかけて、全国各地の支配層や祭祀を行う人々の間に「権威の象徴」として広がっていった。

 

f:id:bit150430:20200305214420p:plain

 

形状は、Cの字またはコの字に湾曲しているものが多く、由来は様々。

 

動物の牙の形説

胎児の形説

魂の姿説

月の形説

壊れた耳飾の再利用説

 

等々。

 

・・・宇宙人じゃないかな~。

 

手塚治虫の「火の鳥(望郷編)」に似たようなのが。。

 

【外部リンク】

 

http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/15431