博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【石見国一之宮】物部神社(もののべじんじゃ)太古の戦国時代を終わらせた一族

島根県大田市

 

f:id:bit150430:20200224162653p:plain

 

祭神・宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)は、古代ヤマト王朝の治安部隊・物部一族の始祖と伝わる。

 

f:id:bit150430:20200224160315p:plain

 

神武東征のクライマックスで、最後まで抵抗した叔父ナガスネヒコを殺害。

 

f:id:bit150430:20200224162718p:plain

 

父ニギハヤヒノミコトが高天原から持ってきた神の宝

 

天璽瑞宝(あまつしるしのみづたから)

 

を神武天皇に献上。

 

f:id:bit150430:20200224162744p:plain

 

同じ天孫族であることを証明し、恭順の姿勢を示した。

 

神武天皇は、これを受け入れ、

 

武神の象徴「フツノミタマの剣」

 

を授ける。

 

皇軍の将となったウマシマジは、各地に点在する敵対勢力の討伐を開始。

 

美濃、越後、越中、能登、加賀、越前を次々に平定する。

 

さらに播磨・丹波を経て石見国に入る。

 

鶴に乗ってやって来た。。と伝わる。

 

 

f:id:bit150430:20200224164321p:plain

 

そこで最期を迎えたウマシマジ。

 

遠征に次ぐ遠征、戦い続けた生涯だった。

 

亡骸は、現在の社殿後方にある八百山に埋葬されたという。

 

f:id:bit150430:20200224162812p:plain


以降、武力を背景に勢力を急拡大させた末裔達は、

 

武人の別称「もののふ」

 

からの

 

「物部(もののべ)」

 

を名乗るようになる。

 

物部氏という圧倒的な軍事力を手にしたヤマト王朝は、長く続いた諸豪族が争う時代を終わらせ、ついに全国制覇を成し遂げる。

 

多大な功績により、物部氏の王朝内での影響力は増し、ライバル大伴氏の失脚後は、まさに無敵の氏族となった。


がしかし、


潮目の変化は必ずくる。


仏教伝来。

 

他国の信仰と一緒に入ってきた最新の情報やテクノロジーを独り占めした蘇我氏が一気に台頭。

 

f:id:bit150430:20200224162616p:plain


そのころ物部氏には、守屋(もりや)という優れたリーダーがいた。

 

f:id:bit150430:20200224162340p:plain

 

にも関わらず、新しい時代に乗り遅れる。

 

日本古来の伝統を固く守ろうとしたのか。。

 

既得権益に溺れ、身動きがとれなかったのか。。

 

蘇我氏と対立しながら衰退していく物部の人たち。。。

 

が、しかし滅んだわけではない。


歴史の教科書には、なぜか「物部氏滅亡」とか書いてあるが、ありゃウソ。

 

平安以降の物部に関する資料、史跡も多く残っているし、

 

物部ゆかりの神社は、現在200社以上。

 

f:id:bit150430:20200224164419p:plain

 

地域で厚く信仰されている。

 

石上さん、穂積さん、金子さん、長田さん、、、


あなたがた、子孫かもよ。。

  

【外部リンク】

 

https://www.mononobe-jinja.jp/