博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【出雲国一之宮】出雲大社(いずもたいしゃ)国譲りの真相と信長の接点

島根県出雲市

 

誰でも知ってる出雲大社について、解説は不要と考える。

 

そこで、

 

古代神話のクライマックス「国譲り」は、なぜ起こったのか。

 

f:id:bit150430:20200219124059p:plain

 

古事記・日本書紀とは、少し違う説があるので、ご紹介。

 

歴史書「ホツマツタヱ」より

 

スサノオの三男オオナムチ(大国主)は、出雲の開発事業を引き継ぎ、さらに豊かな国土を建設していった。

 

f:id:bit150430:20200219124127p:plain


プライベートでも多くの妻を娶り、子供もガンガンつくった。

 

そこまでは、まだOK。

 

勢いあまって、アマテルカミ(天照大御神)や皇太子の居住地をはるかに凌ぐ巨大神殿を造ってしまった。

 

f:id:bit150430:20200219124422p:plain

 

高さは、48mとも96mとも言われる。

 

しかも、オオナムチは、それを自慢して回った。

 

「やり過ぎた」

 

伊勢に報告が入る。

 

「まるで、出雲が朝廷であるかのごとく振る舞い、自分たちの宮をウチミヤ(朝廷宮の意)と称して、我々を軽んじている。」

 

f:id:bit150430:20200219124726p:plain

 

当時は、列島各地で反乱が相次ぐ時代で、政治体制も不安定だった。

 

よって、出雲の勝手な行いと正すことは、王朝をまとめる絶対条件である。

 

何度も使者を送るが、出雲側に丸めこまれて、うまくいかない。

 

そして、ついに殺傷事件が発生。

 

いつまでたっても帰ってこない朝廷側の使者が、新しく遣わした使者を射殺してしまう。

 

一線を越えてしまった状況で、朝廷軍が派遣される。

 

f:id:bit150430:20200219124458p:plain

 

オオナムチ一族は、出雲から追放され、東北地方へ流れていった。

 

という話。

 


似たようなエピソードが、もうひとつある。

 

戦国時代。

 

織田信長の先祖は、越前国二之宮・剣神社(つるぎじんじゃ)の神官だった。

 

祭神は、出雲の始祖・スサノオノミコト。

 

織田家は、剣大神を氏神とし、格別の信仰をもって多額の寄進をしてきた。

 

その信長が、最後に造ったのが、琵琶湖東岸の「安土城」である。

 

戦国時代において、山城は領主の防衛拠点であり、外敵に備えて堅固な構造になっているのが常識。

 

侵入経路も迷路のようになっているものだが、安土城の場合、正面の門から頂上の本丸まで、石段を一直線に組んでいる。

 

f:id:bit150430:20200219124538p:plain

 

天守閣は、古代出雲の神殿のようである。

 

f:id:bit150430:20200219124559p:plain

 

安土城は、祭神を信長大御神とする日本史上最大の神社だった。。。

 

「やり過ぎた」

 

で、本能寺の変。。

 


仕事できる人って「いい加減」でやめないんだよね~。

  

【外部リンク】

 

http://www.izumooyashiro.or.jp/