博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【甲斐国一之宮】浅間神社/火神はなぜ女性なのか

山梨県笛吹市

 

主祭神:木花開耶姫命(このはなさくやびめのみこと)

 

浅間神社は、富士山に対する信仰の神社である。

 

奈良時代末から富士山の火山活動が活発化し、あまりの凄まじさに人々は怖れ、火山神(浅間神)としての信仰を強めた。

 

f:id:bit150430:20191222152056p:plain

 

甲斐国一之宮浅間神社と駿河国一之宮富士山本宮浅間大社は、全国1300か所に広がった浅間信仰の中心的存在である。


ここでは、その主祭神・木花開耶姫命について語ってみたい。

f:id:bit150430:20200104235623p:plain

古事記・日本書紀で、天孫降臨伝説に登場する絶世の美女。

 

神代の時代、高天原からニニギノミコトが下界を治めるため、お供を従えて九州高千穂に降臨。

 

その後、今の鹿児島近辺で出会った美しい娘が、

 

木花開耶姫命(このはなさくやびめのみこと)

 

と言われている。

 

日本初のキラキラネームか。

 

一瞬で、ニニギノミコの心をわし掴み。

 

古代史のトップスター天照大御神の孫を一発で射止めた、史上最高の玉の輿である。


疑問はここから。

 

神話なので、細かい指摘(つっこみ)は避けるが、この美しい女性が、なぜ全国に広がる富士山信仰の象徴になっていったのか。

 

f:id:bit150430:20200104003803p:plain

 

猛り狂う活火山を女神と崇める理由はなにか、どうも理解に苦しむ。

 

がしかし、世界を見渡すと似ているケースがある。

 

例えば、南国の楽園ハワイで最も有名な神様は、ハワイ島キラウエア火山で年中爆発している女神ペレ。

 

f:id:bit150430:20200105000834p:plain

 

今までいくつもの集落を壊滅させたキラウエアのペレを、人々は、炎、稲妻、ダンス、暴力を司る神と崇めた。

 

美しく情熱的だが気性が荒く、嫉妬や怒りですべてを焼き尽くす・・・っておい、それ神様かよ。。


だが、ポリネシアの人々は、多くの神々の中で最もペレを敬愛していたのである。

 

女性的、母性的な存在を神として崇めた。

 

ということか。。。いろんな意味で。

 

f:id:bit150430:20200105001249p:plain


話を日本に戻すが、木花開耶姫命がペレの様に火の神になった理由とは。


記紀では、懐妊の折、夫ニニギノミコトに

 

「本当に私の子か?」

 

と疑われた姫は、潔白を晴らすため、

 

「正統な御子ならどんな災いがあっても無事に産まれるはず!」

 

と産屋に籠って火を放ち、その場で三つ子を出産したと伝わる。

 

・・・激しい。

 

ニニギノミコトの

 

「わかったから。もうわかったから!」

 

と慌てる様子が、簡単に想像できる。

 

「大逆ギレ」のあげく、皇子の出産という大手柄。

 

古代日本でも、女性は神様並み(以上?)に強かった。。。

 

【外部リンク】
http://asamajinja.jp/