博多な?かっちゃん 大ネタ小ネタBLOG

みどりかわラウンジ(博多のかっちゃん)提供!まぁその辺のお勧めスポットや最新トピックから、その歴史やレア情報までなんでも。

【プロッシモジョルジョ/今宿駅】ワイン修験者のお店(じゃなくて・・)

福岡市西区JR筑肥線今宿駅前(正しくは裏)のワイン専門店「プロッシモジョルジョ」について。

 

f:id:bit150430:20180827231326j:plain

 

HPには「専門店」とあるが、

実は教室?
じゃなくて学校?
でもなくて研究室?

んー、、、道場。。

 

f:id:bit150430:20180827231423j:plain


あ、わかるわかる~。
東京の麻布にもね~、
ワインショップがあってぇ~
世界中からいろんなワインを集めてて~、
そこでしか出会えないものがたくさんあってぇ~~、

・・・

ばかぁ!
一緒にするなあ!!!!!!


本題に戻る。
値段は、そんな高いわけではない。
千円台のものから普通に並んでいる。

 

f:id:bit150430:20180827231504j:plain

 

道場と言うその心は、

とにかく、、置いてるワイン1本1本1本1本1本に対しての入れ込み様がハンパない、まじハンパないのである。

 

f:id:bit150430:20180827231540j:plain

 

オーナーは、今古賀 丈二(イマコガ ジョウジ)氏。

ホテル(すんごいホテル)勤務の後、イタリア・トスカーナ・カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ

 

f:id:bit150430:20180827231627p:plain

f:id:bit150430:20180827231654j:plain


のワイナリーにて、ぶどう栽培、ワインの醸造に携わり、巡り巡って2015年に福岡市西区にワイン専門店(実は教室 、じゃなくて学校、でもなくて研究室、んー、道場)をオープンした。

 

氏が、それぞれのボトルを愛おしそうに眺めている様子を見ていると「可愛すぎて売る気ないでしょ?」と思うときが正直ある。

 

来店客への説明も、まるでフェラーリでも売るかのごとくである。

たとえばこの1本、


*******************

【要約】

製品名:ピノ・グリージョ 2014
生産者:ロンコ・セヴェロ
生産地:イタリア
ヴェネツィア・ジューリア/白ピノ・グリージョ/辛口

 

f:id:bit150430:20180827231822p:plain

 

自然派ワインの巨匠「ラディコン」の影響を受けた1本。

 

f:id:bit150430:20180827232954j:plain

 

遅摘みによる完熟したピノ・グリージョ100%。

 

f:id:bit150430:20180827233035j:plain

 

温度管理せずに自然酵母で果皮ごと醗酵、オーク樽でな・ん・と23ヶ月間も澱と共に熟成され、その後8月と9月の間の下弦 の月の時に無濾過でボトリング。

 

魅惑的なオレンジの色調にアカシアの花束の印象的な香り、ナッツやクルミの力強い風味と圧倒的なミネラル感があります。

 

溢れんばかりのパワーを感じますが、飲み口は滑らかで実にスムーズ。

 

余韻に感じるドライフルーツの風味もとても心地良い。

 

ロンコ・セヴェロがブドウのポテンシャルを見事に引き出した傑作のオレンジワインです。
******************

 

なんて言われると飲む前からたまらん!

合掌、頂きます!という気分になる。。。シラフのうちは。

 

【外部リンク】

p-giorgio.com