博多な住吉?糸島も? 大ネタ小ネタBLOG

Green Star Office提供!福岡市博多区住吉エリアとちょっと飛んで糸島エリアのお勧めスポットや最新トピックから、その歴史や生活情報まで。なんでもお伝えいたします。

【はかた伝統工芸館】博多人形作る人と伝統は凄いの巻

1月25日(木)~1月30日(火)の6日間、博多区上川端町のはかた伝統工芸館にて「博多人形商工業協同組合青年部作品展(噛みそう。。)が開催される。

f:id:bit150430:20180119234828p:plain

f:id:bit150430:20180119234813p:plain

 

このイベントでは、次世代の人形作りを担う若手作家7人による新作の展示・販売が行われる。

期間中は、作家達による博多人形の色彩実演など、普段見ることがない人形作りの現場を体験することができる。

 

で、本題に向けての話に移って行くが、この7人のうち5人は「博多人形・白彫会(はくちょうかい)」という団体に属しているらしい。

f:id:bit150430:20180119235120p:plain

白彫会は、戦後の23年に当時の若い人形師9人により新しい人形作りの目指して結成されたグループで、定期的に新作展を開催して、博多人形の発展、向上に努めてきた。

 

んで、今日の本題。

 

白彫会の会員リストを見ていると、どうも見覚えのある名前があった。

 

白水宗邦

 

他の会員のページには、本人の写真やプロフィールに加え、公式ウェブサイトやFacebookのアドレスなどが公開されているのだが、この人だけは本人の名前と作品の写真のみ。

f:id:bit150430:20180120010611p:plain

 

思い出した。

 

わがまち住吉2丁目のとある路地裏に小さな看板を掲げた古民家がある。

f:id:bit150430:20180119235228j:plain

 

看板の文字は擦り切れてほとんど読めないが、よくよく見るとこう書いてある。

通商産業大臣指定
伝統的工芸品産業
博多人形
博多人形商工業共同組合員之証

博多人形
白水宗邦

そう、前述の人形師である。

 

で、調べてみるとこの「白水」という家柄。。。

博多人形のルーツとも言える家系だった。

時代は、500年前の江戸時代初期にさかのぼる。

 

元々、京都の細工人形師だった「小堀家」という人々が、櫛田神社境内に移り住み、鎌倉時代から山笠人形制作を手掛けた。

 

その後、江戸時代には同じ人形ながら、全く違う土からなる素焼き人形を生み出し、全国で人気の工芸品に成長させたが、諸事情により明治初期に廃業。

 

それを継いだのが、小堀家の流れをくむ人形師白水家の初代、白水仁作だった。

現在、7代目・白水英章氏が、長く受け継がれる技巧を今に伝えている。

f:id:bit150430:20180119235355p:plain

わがまち住吉にお住まいの白水宗邦氏は、英章の叔父にあたる。

 

今後は、そちらに足向けて寝ないようにします。。。

 

 【外部リンク】

はかた伝統工芸館

博多人形白彫会サイト

博多人形とは | 400年余の伝統 博多人形