博多な?住吉 なんでもBLOG

Green Star Office提供!福岡市博多区住吉エリアのお勧めスポットや最新トピックから、その歴史や生活情報まで。なんでもお伝えいたします。

【ぺんぎん厨房】洋食屋さんの焼きカレーについて

博多駅前3丁目、わがまち住吉近く、こくてつ通りを隔てた向かい側の「ぺんぎん厨房」をご紹介。

 

f:id:bit150430:20170926094451j:plain

 

洋食屋さん。で、定食屋さん。

 

f:id:bit150430:20170926094515j:plain

 

というとイメージするのが、ハンバーグ、オムライス、海老フライ、チキンドリア、ナポリタンスパゲティ、チキン南蛮、、、

 

f:id:bit150430:20170926100518j:plain

 

全部ある。

どのメニューもボリュームがあって、つけくわえると「米」が美味い(おかわり一杯まで無料)。

 

で、今回は「焼きカレー」について。

ごはんの上にビーフカレーをかけ、チーズをのせてオーブンで焼いた、しごくオーソドックスなスタイル。

 

焼きカレーの始まりは昭和30年代、北九州市門司港の栄町銀天街にあった和食店「山田屋」と言われている。

 

f:id:bit150430:20170926094545j:plain

 

土鍋にカレーを入れてオーブンで焼き、グラタン風のメニューを出したところ、たちまち大好評。

 

門司港は、明治から戦前にかけて、国際貿易港として栄えた港街で、洋食文化も全国に先駆け発達していた。

 

そんな場所で誕生した「焼きカレー」というハイカラメニューは、地元の名物料理となり、現在でも30店舗以上のお店で提供されている。

 

・カレーにチーズがかかっている。
・焼いている。

条件は、これだけ。


簡単に作れることから、一般家庭の食卓も含め、全国に普及した。

バラエティも豊富で、ビーフ系やシーフード系、玉子の有無、白ご飯やバターライス、ドライカレー等々、ちょっとした食文化だ。

 

ぺんぎん厨房の特製オーブンでしっかり焼き上げられたカレーも、実に香ばしく美味い(熱い)。

 

f:id:bit150430:20170926095459j:plain

 

サラダつきで950円。


焼きハヤシもあるでよ~。。。て、わからんか。。。

 

【外部リンク】

ぺんぎん厨房のブログ