博多な?住吉 なんでもBLOG

Green Star Office提供!福岡市博多区住吉エリアのお勧めスポットや最新トピックから、その歴史や生活情報まで。なんでもお伝えいたします。

【LA VIE EN ROSE/ラヴィアンローズ】「まるっと住吉/住吉祭」に出店!

今月24日(日)に博多、住吉神社で第2回「住吉祭/まるっと住吉2017」開催される。

 

f:id:bit150430:20170914225742j:plain


今回は、地元の名門スィーツ店「LA VIE EN ROSE/ラヴィアンロー」が出店することになった。

 

f:id:bit150430:20170914225846j:plain

 

オーナー・小田信也氏は、福岡県福津市出身、大阪の辻調理師専門学校を卒業後、10年間、ホテル日航福岡でパティシエとして、6年間、中村調理製菓専門学校の講師としてキャリアを積み、2005年7月に博多区住吉に現在の店舗をオープン。

 

定番の焼菓子「ハートマカロン」だけでなく、飴やショコラの細工も得意とし、ブライダルやギフトなど、味はもちろん、見た目のインパクトも十分なお菓子作りで、たちまち評判になった。

 

f:id:bit150430:20170914231650j:plain

f:id:bit150430:20170914231704j:plain

 

以降、アパレルやジュエリーブランドとのコラボも実現、2014年には、いきなりミャンマーに2号店をオープンするなど、何かと話題豊富な、ある意味「とんがった」スィーツブランドである。


オーナーブログのタイトルには「オーナーシェフ/バラ色の日々」

「バラ色」とは、、、知ってる人もいるだろうが、実は店名と関係ある。

 

「LA VIE EN ROSE/ラヴィアンローズ」とは、1946年に発表された、フランスの国民的シャンソン歌手、エディット・ピアフの代表曲のことで、日本題は「バラ色の人生」という。

 

f:id:bit150430:20170915001331p:plain

 

えっ? だろうが、聞けば誰もが知ってるメロディーだ。

で、その歌詞、

 

私をじっと見つめる目 
口もとから消える微笑
これが 彼の本当の姿 
私が心から愛する男(ひと)

 

彼が私を腕に抱きしめて 
そっとささやく時
私の人生はばら色になるの
彼が耳元でささやく 


愛の言葉で満たされる毎日
私の中で何かが変わり
私の心に彼が入りこんだ

 

幸せを分かち合う喜びを知ったから
彼は私だけを見て
私はずっと彼だけを見て生きるの
彼がそう言ってくれたの


一生そうすると 誓ってくれたの
彼を見たそのときから
私の中で心がときめくのを感じたの

 

尽きることのない愛に満ちた夜
不安や苦しみは消え去り
大きな幸せに取って代わる
私は幸せよ 死ぬほど幸せ

 
・・・読んでるだけで、顔から火が出そうになる。日本人にはとうてい書けない詩。

が、小田氏は、歌詞でなく、お菓子(?)でこの世界を表現しようとしている。。。のだろう。


お後がよろしいようで。

 

 

この歌だけど、「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘプバーンとか、越路吹雪のカバーが、結構いいのよ。。。ほんとに。

 

【外部リンク】

LA VIE EN ROSE|ラヴィアンローズ|福岡|トップページ

まるっと、住吉。 ~住吉祭 2017~