博多な?住吉 なんでもBLOG

Green Star Office提供!福岡市博多区住吉エリアのお勧めスポットや最新トピックから、その歴史や生活情報まで。なんでもお伝えいたします。

【ステーキハウス牛車なかはら】この夏は肉食って乗り切れ!

博多区住吉2丁目の最北端、集合住宅メゾン住吉の1階にある「ステーキハウス牛車なかはら」のご紹介。

f:id:bit150430:20170805225958j:plain

 

このお店には、「3つのこだわり」がある。


・焼き方:炭火焼
・熟 成:最低2ヶ月
・素 材:九州産黒毛和牛

 

このなかの3番目について。

九州産の黒毛和牛のみを使用、オーナーシェフの長年培った素材選びの確かな目が、この店を繁盛させている理由のひとつである。

f:id:bit150430:20170805230019j:plain

f:id:bit150430:20170805230033j:plain

 

納得だが、ちょっと待った。

和牛とか黒毛とか言うと、根拠もなく「なんか美味しい」と思うのもあれだから、九州産黒毛和牛って?について飽きない程度にお話を。

 

和牛の歴史は、1900年(明治33年)日本の在来種とヨーロッパから肉食用に改良する為輸入した種を交雑されたことから始まる。

種類は、ザックリ分けて、褐色和種、日本単角種、無角和種黒毛和種の4種。

「黒毛」の名称は、戦争中の1944年(昭和19年)に確立した。

 

その後、食肉としての改良が劇的に進み、世界でも認められるブランド牛に成長していく。

体型はやや小型で、雌の体重は約450kg(ディープインパクトよりちょっと重いくらい)で、雄が700kg程度(昔のミニクーパーくらい)。

筋繊維が細かく、脂肪沈着は密で肉質は世界最高と称される。

 

食用に育つまで、他の牛より数倍も時間と手がかかり、大量生産が極めて難しい。

畜産業者も1頭1頭を割れ物に触るよう大切に育てている。

 

九州では、小倉牛、筑穂牛、佐賀牛長崎和牛、Theおおいた豊後牛、くまもと黒毛和牛、宮崎牛、鹿児島黒牛、石垣牛、もとぶ牛、宮古牛などが、特に有名で味も間違いない。

 

なのだが、今後も増えていく地名の付いた和牛の種類。

素人にはわからん。

 

ということで、牛車の大将、今後ともよろしくお願いいたします。

 

ちなみに日本の黒毛のほとんどが、兵庫県但馬にいた「田尻号」の子孫らしい。

f:id:bit150430:20170805230118j:plain

牛類みな兄弟。。

 

【外部リンク】

ステーキハウス牛車なかはら