博多な?住吉 なんでもBLOG

Green Star Office提供!福岡市博多区住吉エリアのお勧めスポットや最新トピックから、その歴史や生活情報まで。なんでもお伝えいたします。

【団員の心意気】住吉ん街は俺たちが守っちゃるけん!

博多区住吉5丁目6-1市営住吉住宅の1・2階は住吉公民館だが、その入口左隣に少し大きめのシャッターで閉じられた車庫らしきものがある。

 

よーく見ると「博多消防団 住吉分団車庫」と若干強調の丸文字ゴシック体。

f:id:bit150430:20170731220529j:plain

 

そう、この場所には消防車が格納されているのだ。

 

f:id:bit150430:20170731224120j:plain

 

火事になったら119番、電話をかけると「はい、こちら防災センターです。どうしました?」と呼びかけられる。

繋がっているところは、市町村の常設防災機関・消防本部コールセンターである。

 

消防本部直轄の専門職員は、消防官と呼ばれ、その仕事を専門職として日々の任務にあたっている。

 

これに対し消防団は、それぞれ別の仕事を持ちがながら「自分たちのまちは自分たちで守る」という郷土愛を根幹とし、地域住民を中心に編成された組織である。

 

本業の傍らだが、団員として、消防・防災・救命救急に関する知識/技術の習得に努めつつ、地域の安全を守るため防火指導や広報活動などを行っている。

f:id:bit150430:20170731220908j:plain

 

で、その報酬はというと、、年36,500円。。。

 

「誰がやんねん?」と慣れない関西弁が出てしまう人もいるだろうが、ちょっと聞いてほしい。

 

現在、本部直轄の消防官が全国で16万人に対し、消防団員の数はなんと86万4千人以上にのぼる。

理由はその歴史にある。

 

江戸時代の江戸、ご存じ(?)南町奉行大岡越前守忠相(えちぜんのかみただすけ)が、1720年(享保5年)にとび職をを中心とした庶民による町火消しの組合「いろは四十八組」を編成、町中すみずみまで防災活動を拡げたのが始まり。

f:id:bit150430:20170731220651j:plain

f:id:bit150430:20170731220641j:plain

明治以降も、仕組みは残り、全国各地の消防職は半官半民で採用された。

 

私利私欲、地位名声ではなく、ただ単に地域の安全のため。

維新後に整備された郵便制度もそうだが、公の仕事(ボランティアともちょっと違う)に取り組む日本人のひたむきさは、世界史上あまり類をみない。

 

その後の戦争や災害など困難な時期にこそ、この制度が威力を発揮し、現在に至るまで、多くの生命や財産が守られてきたのである。

 

現在、福岡市には2,602人、博多消防団住吉分団には30人が所属し、住民の安全を見守っている。

f:id:bit150430:20170731230854j:plain

 

以前、私が神奈川県の鎌倉に住んでいた時、隣の古民家が全焼したことがある。

その時、真っ先に駆けつけたのが、地元消防団の緊急車両3台だった。

離れた場所に避難していて、始めは気づかなかったが、よく見ると危険な消火活動にあたっていたのは、昼間から酔っ払っている腰越の漁師とか、長谷にある床屋の一見ひ弱な3代目とか、普段は無愛想な荒物屋のご主人とかだった。

 

以後、心がけていることがある。

「地元の居酒屋で、知らないおっさんに絡まれても優しくしよう。」

ひょっとしたらこのおっさんもと思うからだ。(どう見ても違う人いるけど一応ね。)

 

【外部リンク】

福岡市消防局 

住吉自治協議会

福岡市住吉公民館ブログ