博多な?住吉 なんでもBLOG

Green Star Office提供!福岡市博多区住吉エリアのお勧めスポットや最新トピックから、その歴史や生活情報まで。なんでもお伝えいたします。

住吉4丁目で昭和のパンを焼き続ける「だるま堂」

いつまでも変わらないということは、、、

住吉通りから美野島商店街に向かって30mほど入ったところに「だるま堂」というパン屋さんがある。

f:id:bit150430:20170528134919j:plain

外観は、この地域に見られる昭和の古き懐かしい時代を思わせる造り。

店内には、奥の工房でひとつひとつ丁寧に焼き上げられたばかりのパンが、3段の棚にぎっしり並んでいる。

 

アンパン、クリームパン、フランスパン、カレーパン、ドーナッツ、たまごサンド、メロンパン、、、、、

奇をてらった様なものはなく、どれもネームプレートや商品説明の必要がないものばかりである。

 

ほとんどが、100円そこそこ。

焼きたて、ふんわり、安くて美味しい。

当然、地元では人気で毎日買いに来る常連客も多い。

すぐ隣にある精華女子高校の歴代JK達もみなお世話になったことだろう。

 

聞けば、お店をオープンしたのは昭和24年だという。

戦後まもなくだ。

それは、レストラン「ロイヤル」の創業者・江頭匡一氏が福岡空港に第1号店を開業する7年も前の事である。

 

それから約70年、ロイヤルは、ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」や「シズラー」を全国で展開する大企業になった。

 

「だるま堂」は今もこの場所で、地域の人達のためにいつものパンを焼き続けている。

 

お店から100mも離れていないところにロイヤルホスト住吉店がある。

そこで働くスタッフ達は、そんな歴史など知らないだろう。

 

焼き上がったばかりのソーセージ入り揚げパンをかじりながらコーヒーを飲むと、これからもずっと変わらない「だるま堂」でいてほしいと思ってしまう。


ところで、、、、

 

え?

f:id:bit150430:20170528135228j:plain

 

えぇーー!!!???

f:id:bit150430:20170528135418j:plain

 

レジに立っているお母さんに「ご主人の趣味ですか?」と尋ねると、

「も~ね~、、、」

とだけ返ってきた。

 

奥では、ご主人がせっせとパンを焼いている。

夫婦の歴史も感じる。