博多な?かっちゃん大ネタ小ネタBLOG

興味あることをツラツラと。。最近は神社ネタやってます。。

【近江国一之宮】建部神社と戦いの神ヤマトタケル

主祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと) 神社の歴史については、景行天皇46年(西暦117年頃?)、日本武尊の妃・布多遅比売(ふたじひめ)が御子とともに住んでいた神崎郡建部郷(現在の東近江市付近)に日本武尊を「建部大神」として祀られたのが創建と…

【常陸国一之宮】鹿島神宮と武神の霊剣(つるぎ)

祭神・武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)は、お隣の香取神宮祭神・経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と共に武神・軍神として古代より祀られてきた。 東京ドーム15個分に相当する境内は、杉、椎、モミなど600種に及ぶ樹木の広大な森林である。 現存する社…

【下総国一之宮】香取神宮(かとりじんぐう)香取といえば!

主祭神:経津主大神(ふつぬしのおおかみ) でかい。 本殿は元禄13年(1700年)の造営。 三間社流造、檜皮葺で、この形式の社殿としては最大級の規模である。 下総国一之宮香取神宮は、常陸国一之宮鹿島神宮と古来より深い繋がりがあり、 「香取・鹿島」 と…

【上総国一之宮】玉前神社(たまさきじんじゃ)と玉依姫

創建年代は不明。 少なくとも鎮座以来1,200年以上は、経過している。 九十九里浜の南端に位置するこの地は信仰の歴史も古く、発見された縄文集落では、祭祀を行った跡も残されていた。 祭神は、玉依姫命 (たまよりひめのみこと)。 社伝によると、海からこ…

【安房国一之宮】洲崎神社と頼朝を助けた南総の平氏

主祭神:天比理刀咩命 洲崎神社(すのさきじんじゃ)は、千葉県房総半島南端の西側に突き出た御手洗山にある。 そこは、東京湾の入り口で、正面には三浦半島と相模湾に浮かぶ大島、その向こう側に伊豆半島から富士山まで見渡せる大絶景ポイント。 祭神・天比…

【筑前國一之宮】住吉神社は、なぜ「住吉」か。友よその答えは・・

博多区住吉「住吉神社」の名前の由来に触れてみたい。 奥が深いので出来るだけ簡単に。 歴史は、とんでもなく古い。 神社公式ウェブサイトには、創建1800年以上前とあるが、そんなもんじゃない。 この住吉の町は、かつて「住之江(スミノエ)」と呼ばれてい…

【安房国一之宮】安房神社(あわじんじゃ)やっぱ夏は、、、海だね!

主祭神:天太玉命(あめのふとだまのみこと) 創建は、今から2,678年前。 初代神武天皇に仕える忌部(いんべ)一族は、天皇の命で肥沃な土地を求めて本拠地の四国「阿波」から海路黒潮に乗り、房総半島南端の地に移り住んだ。 一族のリーダーは、天富命(あ…